歯科助手 資格

歯科助手の資格と仕事

歯科助手は、歯科医院において、受付・会計・電話応対・衛生指導・誘導など患者さんとコミュニケーションを取る仕事が多いことから、歯科医院の顔的な存在とも言われています。

歯科助手豚

 

他にも歯科助手は、事務関連業務・カルテ管理・使用器具、薬品の整理や発注・吸引器の操作・印象材(歯形を取る材料)やセメントの練和など・・・歯科医師の様々なサポートを幅広く行います。

 

おすすめの通信講座専門サイト
シカトルキャプチャーシカトルロゴ

シカトルは、年間10万人以上が利用する「講座専門サイト」です。歯科助手の通信講座は「ニチイ」「たのまな」など様々な機関で受講できますが、料金・内容・取得可能な資格などに違いがあります。事前に必要事項を調べたたうえで、自分に1番合った講座を選ぶことが大切なのです。しかし、それぞれの会社に問い合わせ、比較をしていくのは面倒です。シカトルを利用すれば、複数講座の資料をまとめて請求できるので、簡単に各社を比較することができます。

詳しくはこちらをクリック 詳しくはこちらをクリック

 

「歯科助手」として働くうえで資格は必要?

 

日本の法律では、歯科助手と働くうえで、特に資格は必要ありません。歯科衛生士や歯科技工士と異なり、無資格、未経験でも就職することも可能です。しかし、歯科医療の専門用語が飛び交う現場において、歯科医療に関する専門知識やスキルを習得していることは必須条件となります。

 

最近では、採用する側の歯科医院も、即戦力を求める傾向が強くなってきました。近年、矯正や審美歯科への関心が高まる中、求人数も増加傾向にあり、歯科助手のニーズも年々高まっています。

 

しかしながら、小規模の歯科医院が増えたことよって、さらに雇う側も経験やスキルを今まで以上に求めるようになってきました。

 

既に現場で実務経験を積んでいる人は良いですが、未経験者の場合は、どうしても採用時に不利になってしまうのです。また、全く歯科知識が無い人が歯科助手として働くと、約半年は辛い思いをすると一般的に言われています。

歯科助手豚

 

それを補う方法として、歯科助手の資格取得がとても役立つのです。資格を取得することによって、たとえ実務経験が無くても、歯科助手として働くうえで最低限必要な専門用語・スキルを備えている証明として、転職や就職をする際に採用側にアピールすることも可能です。

 

「歯科助手」資格取得のメリット

 

また歯科助手の資格は、全国共通でどの地域の歯科医院でも通用しますので、急な引っ越しや転勤等をした際にも役立つ一生モノの資格になります。

 

歯科助手の仕事は、一度専門用語やスキルをマスターすれば、それほど大変な仕事ではありません。

 

さらには、歯科医院は身近な医療機関ですから、自宅近くで職場を見つけやすく、正社員・パート・アルバイトなど勤務形態を自由に選択できることも大きなメリットです。

 

「自分のライフスタイルに合わせて柔軟に働くことができる」「結婚や出産で仕事を離れたあとも再就職がしやすい」「長く安定して働ける」などの理由から、特に女性に人気のある仕事だと言えるでしょう。

 

講座を選ぶ際に気をつけるべきポイント

歯科助手豚

 

講座を選ぶ際のポイントは以下の5点です。それぞれの講座を、よく比較・検討をして自分に合った講座を選びましょう。

 

@講座・カリキュラムの内容

講座・カリキュラムの内容は、それぞれの講座によって違いがあります。また使用するテキストも、合格に必要な情報を、早く・深く・正確に理解できる工夫かされているかどうかを確認するようにしましょう。

 

A講座の費用

歯科助手講座の費用は、約30,000円〜100,000円までさまざまです。また、通学講座と通信講座でも費用に違いがあります。金額だけで決めるのではなく、内容と費用のバランスが良いコストパフォーマンスの高い講座を選ぶことをおすすめします。

 

B学習期間・ペース

歯科助手講座の場合、約2〜5ヶ月程度が標準的な学習期間になっています。また資格を取得するためには、試験に合格する必要がありますが、在宅受験が可能な講座もありますので、自分のライフスタイルに合った講座を選ぶことが大切です。

 

C添削回数

在宅で勉強をする場合、受講中に、疑問点や学習方法について気軽に質問できる講座を選ぶことをおすすめします。講師陣による添削、アドバイスを通じて、効率良く学習を進めることができます。

 

D教育訓練給付制度に対応しているか?

教育訓練給付制度とは、厚生労働大臣が指定する対象講座を修了すると、国から実際に支払った学費の20%が支給される補助金制度になります。講座によっては、教育訓練給付制度の対象となっていない場合もありますので、よく確認してから申し込みましょう。

 

 

講座選びに迷ったら・・・

シカトル

シカトル資料シカトルロゴ

シカトルは、年間10万人以上が利用する「講座専門サイト」です。複数機関で開講している講座の資料を、一括請求することができるのでとても便利です。各社の資料を取り寄せ、講座内容よく比較・検討したうえで申し込みすることをおすすめします。資料には、実際に受講した人の体験談、職場で働く歯科助手の声なども掲載されているので参考になります。

詳しくはこちらをクリック 詳しくはこちらをクリック

 

 

 

 

【当サイトについて】

【当サイトについて】「歯科助手」は、総務省の日本標準職業分類(平成21[2009]年12月統計基準設定)によると、「 > サービス職業従事者 > 保健医療サービス職業従事者 > 歯科助手」に分類されています。言うまでもなく、仕事場は、歯科医院や口腔外科。最近では、続々誕生している審美歯科に従事する人も増えています。仕事は、歯科治療が滞りなく運ぶよう、治療の際には医師につき添い、医師が治療に集中できるように、道具や器具を手渡すなどの介添えを行うなど、医師の“手となり足となる”アシスタント的な業務。このほかに医療器具の消毒や準備、補充にも携わります。また、患者さんに対しても、診療台への誘導、治療の前に肩にケープをかけることにはじまり、診療台の上げ下げなど、うがい水の補充など、治療中のさまざまな介助を行います。幼い子どもを無事に治療に導くための手助けを行うこともあります。法律によって、歯科衛生士などのような医療行為をすることは許可されていませんが、歯科治療の全般に渡って、医師や患者さんとかかわっていく業務です。また、小規模のクリニックでは、治療のアシスタントだけでなく、受付や予約業務、お金の授受(レジ打ち)、レセプト業務(診療報酬の請求を市町村や健保組合に行う)、院内の清掃などの雑用が含まれることも少なくありません。さて、歯科助手になるためには、どうすればよいかというと、現在、歯科助手には、特別な資格はありません。未経験可、と求人を出す歯科もあるほどです。けれども、それは、あくまでも、先輩の歯科助手がいる場合。専門用語も多く、現場での実地訓練は、かなり難しいと思われます。歯科治療に関わる事柄について学ぶための専門学校も数多くありますが、最も信頼のおけるものとしては、日本歯科医師会が主催する「歯科助手資格認定制度」があります。「歯科助手資格認定制度」の内容には、乙種第一と乙種第二、甲種の三種類あります。現在、この認定を受けた人の就職が、より有利とされています。私は、歯科助手になる前に、保育士資格を取得するために勉強をしていました。また、「歯科助手の資格取得ガイド<未経験者のための通信講座選び>」の姉妹サイト、「保育士の資格取得ガイド|通信講座を受講する前に読むサイト!」を運営しています。人生の中で成長が著しい乳幼児期の子供達の成長を支える保育士は、刺激に満ちたやりがいのある仕事です。子供達の笑顔、そして生き生きとした姿として現れます。同時に保育士は、保育者が自分自身を育てることに繋がる奥の深い職業です。良い保育士を目指すことは、子供を通して自分を振り返り、感性を磨き、社会のあり方、家庭のあり方、そして人間について考えることにも繋がります。サイト内容を一部紹介すると、保育士・幼稚園教諭の仕事に就こうとする人達の試験対策や就職活動、、保育士資格の取得方法、論作文・面接試験対策の面について解説しています。また、採用試験とはどんなものか、厚生労働省が行う「保育士試験」や、文部科学省が行う「幼稚園教諭資格認定試験」といった資格試験とは内容などを詳しく掲載しています。また、保育士資格取得後の採用試験の中で大きなウェイトを占める、合否のカギである教養試験の問題も取り上げていますので、保育士になりたいと考えている方は参考にしてみて下さい。