歯科助手 志望動機

歯科助手になるための志望動機

どうして歯科助手になりたいのかをアピールする

 

歯科助手になりたいと考えるには、理由があるはずです。例えば、虫歯にかかり歯科で治療をして歯の大切さを知ったので今度は私が歯で困っている人の助けになりたいといった願望があります。

 

子供の頃に歯医者が怖いと泣いていた私に歯科の受付のお姉さんが優しく声をかけてくれてうれしかったといった体験もあります。そうした理由をアピールすることで、歯科助手として歯科の予防や治療に携わりたいという姿勢をアピールすることが必要です。

 

とはいえ、自分ばかりメリットがあるような理由を挙げるのは良くありません。自宅と歯科医院が近いので通勤が楽である、休日をしっかりとれる、給料が良いなどといった理由は、歯科医院にとってのメリットがありません。

 

そのため、あなたではなく他の人を採用しても構わないとなってしまうのです。また、自分が自分がとアピールしているように見えてしまいますので、歯科医院の他のスタッフと上手くいくのだろうかとよくない印象さえ与えてしまいかねません。

 

自分を採用してくれるとこんなメリットがあるということをアピールする

 

歯科医院が採用を考えるのは、あなたを採用した場合にどんないいことがあるのかが具体的に見えた時です。だから、あなたのスキルや特技、取得した資格などを最大限にアピールしましょう。

 

前職で接客業をしていたので笑顔には自信があるといったことや、歯科助手の資格を取得したのでそれを現場で生かしたいなどです。歯科助手は1日中立ちっぱなしで体力勝負なところもありますので、それをアピールするのも良いでしょう。

 

私にはアピールすることがないと、自信を無くしてしまった人がいるかもしれません。そんなあなたには、歯科助手の資格取得をおすすめします。
コツコツと勉強して資格をとることは自信につながりますし、志望動機に堂々と書けるようになります。

 

また、歯科助手の仕事をある程度知った状態で就職できますので、現場にもスムーズになじむことが出来るでしょう。

 

失敗しない!歯科助手講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

歯科助手講座1

シカトル

歯科助手講座2

 

詳しくはこちらをクリック

「シカトル」を利用して資料を請求しました♪

歯科助手講座3

 

詳しくはこちらをクリック