歯科助手 重要性

歯科助手の重要性

歯科助手の存在がどれだけ重要かを考える

 

歯科助手は実に様々な仕事をこなしています。受付や会計といった事務作業や、歯科医の治療補助、準備や片づけといった裏方作業など、挙げていけばきりがないほどです。

 

これらの仕事を一手に引き受ける歯科助手は、歯科医院には欠かせない存在です。

 

また、歯科医院は医療機関とはいえ、経営を考えなければなりません。利益を得るためには、患者さんの数を増やして収入を増やすことと経費を抑えて支出を減らすことが必要です。

 

支出の中でも、人件費は多くの割合を占めています。歯科助手は他の職種よりも安い費用で雇うことが出来るので、経営の面から考えても重要です。

 

但し、安い給料といいましたが、レジ打ちや工場勤務などといった他の業界の給料と比べるとかなり高いです。これは、体力勝負であることや、医療現場の最前線で働くといった内容が考慮されているためだと思います。

 

歯科助手がいなければどうなるか

 

歯科医院には欠かせない歯科助手ですが、もし歯科助手がいなければどのような状態になるのでしょうか。

 

歯科助手がいない歯科医院では、歯科医と歯科衛生士のみが働いていることになります。歯科医は患者の歯の治療、歯科衛生士は歯の掃除やブラッシングが主な仕事ですが、歯科助手がいないと受付や雑用をこなす必要性が出てきます。

 

そうなると、本来の仕事をする時間を削る必要が出てくるため、予約を受ける患者さんの数を減らしたり、治療中の患者さんを待たせたりというようなことが起こってしまいます。歯科助手がいないことで、患者さんへの負担が増えてしまうのです。

 

また、患者さんへの負担を増やさないようにするならば、スタッフの増員が必要不可欠です。しかし、歯科医も歯科衛生師も国家資格を持つ専門家ですので、高額の賃金を払う必要があります。そうなると、歯科医院の経営を圧迫することになりかねません。

 

このような状況からも、歯科助手の重要性が分かっていただけたのではないでしょうか。

 

失敗しない!歯科助手講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

歯科助手講座1

シカトル

歯科助手講座2

 

詳しくはこちらをクリック

「シカトル」を利用して資料を請求しました♪

歯科助手講座3

 

詳しくはこちらをクリック