歯科助手 資格

どうすれば歯科助手になれる?

歯科助手になるための3つの方法

 

歯科助手を目指すには、3つの方法があります。

 

1つめは専門学校に通い、歯科助手の資格を取る方法です。同じ志を持った仲間と一緒に勉強が出来、また歯科医院での実務実習なども経験することが出来ます。

 

資格取得後すぐに即戦力として働くことも可能です。学校に通う期間が1〜2年と長期になってしまうことと、およそ100万円の学費が必要になってしまうのがネックです。

 

2つめは通信教材で自宅学習をして、歯科助手の資格を取る方法です。早い人だと半年くらいで資格を取得することが出来ますし、学費も専門学校とは比べ物にならないほど安く済みます。

 

昼間は仕事をしている会社員の方や、家事や育児に忙しくてなかなか自分の時間が取れない主婦の方などでも、都合が良い時間に勉強することが出来ます。

 

通信講座がサポートしてくれるとはいえ自分一人での学習になるので、途中で投げ出さないようにすることが必要です。

 

3つめは資格を持たないまま歯科助手として就職してしまうことです。実は、歯科助手になるのに資格は必要ありません。歯科助手の資格は、歯科に関する専門的な知識を持っているという証になるからです。

 

そのため、先に就職してしまって働きながら現場について学ぶということもできます。しかし、歯科の現場では専門用語が飛び交い、患者さんの予約時刻に合わせてスピーディーに動く必要があります。

 

だから、歯科の知識がゼロの状態で就職するのはかなり大変です。

 

歯科助手になるために重視すること

 

歯科助手になるために、どの部分を重視するかで自分に合った方法が変わってきます。就職後に現場の状況をすぐに把握し、困ることなく働きたいという人には専門学校がおすすめです。

 

とにかくお金をかけずに歯科助手になりたいという人には、資格なしでの就職がおすすめです。お金はあまりかけたくない、でも就職後に困るのも嫌だという人には、通信教材がおすすめです。

 

最近ではお金のことも就職後のことも良いとこどりの、通信教材の人気が上がっているようです。

 

失敗しない!歯科助手講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

歯科助手講座1

シカトル

歯科助手講座2

 

詳しくはこちらをクリック

「シカトル」を利用して資料を請求しました♪

歯科助手講座3

 

詳しくはこちらをクリック