歯科助手 能力

歯科助手に求められる能力

人と笑顔で接することが出来ること

 

歯科助手は歯科の受け付けや診療介助などで、患者さんとコミュニケーションを取る機会が多いです。特に受付業務は歯科の顔とも言われ、初めの印象で歯科全体に対する印象を左右すると言っていいほど重大です。

 

もしあなたが初めての歯科にかかる時を想像してみたら、受付の人がにっこり笑って応対してくれるのとムスッと愛想なく応対してくれるのとでは印象がかなり違うはずです。

 

また、歯科治療においては、不安を感じている患者さんは思った以上に多いものです。削る時の痛みは我慢できそうか、歯を抜かなければならなくなったらどうしようか、治療費が高くなったら困るなど、不安の種類も患者さんによって様々です。

 

歯科の場合は診療用の椅子に座った状態での待ち時間が長いので、そういう時に患者さんの不安を笑顔と優しい言葉で励ましてあげると喜ばれるでしょう。

 

患者さんは初めて出会う人であるということも十分にあり得ます。それでも笑顔で対応できるということはとても重要です。

 

努力を惜しまないこと

 

歯科業界にはたくさんの専門用語があります。歯科医師の介助を行う時には、歯科医からの専門用語を含む指示に的確に答えなければなりません。また、受付・会計業務では歯科診療報酬に基づいて診療内容や治療費を確定させる必要があります。

 

これらは歯科業界に身を投じないと分からないわけですから、初めての人は1から勉強する必要があります。内容は専門的な用語が多く、また多岐にわたるため、歯科助手になりたての人の中には諦めてしまう人もいるほどです。

 

それでも、努力を惜しまず用語を覚えていく人は、最終的に仕事も覚えることが出来ます。一度用語をしっかり覚えてしまえば、現場で困るということは大幅に減ります。余裕が出来るので、その分笑顔で患者さんへの応対もできますし仕事もスムーズに進みます。

 

また、歯科の現場はどんどん新しい治療法が確立されてきます。新しい情報も貪欲に吸収し、自分のものにしていく努力が必要です。

 

失敗しない!歯科助手講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

歯科助手講座1

シカトル

歯科助手講座2

 

詳しくはこちらをクリック

「シカトル」を利用して資料を請求しました♪

歯科助手講座3

 

詳しくはこちらをクリック