歯科助手 魅力

歯科助手の魅力とは?

国家資格いらずで医療現場に携われること

 

医療現場で働くには、国家資格が必要な職が多いです。医師や看護師、薬剤師などは、専門の学校に入って何年も勉強をし、なおかつ国家試験に合格しなければ、資格をとって働くことが出来ません。

 

もちろん、歯科業界でも同じことが言え、歯科医師はもちろん歯科衛生士も国家資格になります。一方で、歯科助手になるためには国家資格を取る必要がありません。そのため、歯科医院に採用さえされれば、すぐに歯科助手になることが出来ます。

 

また、仕事内容は多岐にわたります。歯科の受付・会計業務だけではありません。患者さんの口の中に手を入れたりする医療行為こそできませんが、歯科医のアシスタントなどとして直接医療現場にかかわることも多いです。

 

よって、忙しい職場ではありますが、その分やりがいを得ることができます。

 

女性向けの働き方が出来る

 

歯科助手の仕事をしているのは、そのほとんどが女性です。女性の場合には、結婚や妊娠・出産、育児や介護などといった人生における大きな変化が起きてしまいがちです。

 

そのため、その時々で希望する雇用形態や勤務可能時間が変わってくることが多々あります。例えば、小さな子供を育てている女性は、長時間の就業が出来ず、また残業も出来ないなどといった制約があるでしょう。

 

そのような時にはパートで働き、子供の手が離れれば正社員になってバリバリと働くといったことも可能です。

 

また、配偶者の転勤などで引っ越しをせざるを得なくなり、勤務先を退職する事態になってしまうこともあります。そのような場合でも、新しい住居の近くで歯科医院の勤務先が見つかることが多いです。

 

というのも、歯科医院の数は全国で6万件以上もあり、コンビニの件数よりもたくさんあると言われているからです。もし、すぐに見当たらないという場合には、新規オープンの歯科医院での就職を目指すのも良いでしょう。

 

一般歯科だけではなく矯正歯科や美容歯科といった新たなニーズも生まれており、歯科医院の新規オープンはまだまだ続きそうな気配です。

 

失敗しない!歯科助手講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

歯科助手講座1

シカトル

歯科助手講座2

 

詳しくはこちらをクリック

「シカトル」を利用して資料を請求しました♪

歯科助手講座3

 

詳しくはこちらをクリック