歯科助手とは

歯科助手とは?

誰もがあまり好まない場所として知られているのが、歯医者さんです。

 

あの独特な甲高いドリルの音と、実際の治療の際の痛みは誰もがトラウマになっていて、なかなか歯医者さんに行こうとは思わないものです。

 

その中で、一服の清涼剤とも言えるのが歯科助手さんです。

 

治療を行っていない待ちのタイミングでうがいを助手してくれたり、エアーを吹き付けてくれたりと、まさしく天使のような存在に見えてしまうものです。

 

そんな歯科助手とは、具体的にはどのような業務を行う方なのでしょうか?

 

今回は、歯科助手の秘密に迫っていきたいと思います。

 

歯科助手の仕事は?

歯科助手は、実は多くの仕事を掛け持っているのをご存知でしょうか?

 

まずは、受付での事務仕事を行います。これは、診察カードの管理や予約状況のチェックなども歯科助手の仕事となります。

 

その後、治療が始まればまさしく歯科医師の助手として器具を手渡したりうがいの保護をしたりと大忙しとなります。

 

最後に、受付に戻り会計を行って、場合によってはお薬を渡す事になります。

 

見た目以上に業務範囲が広く、大変なものなのです!

 

大きな歯医者さんであれば分業も可能なのでしょうが、街の歯医者さんでは事務と助手の二足のわらじは当たり前で、病院が閉まった後にも明日の仕事の準備をしたり器具の洗浄を手伝ったりと非常にハードなものなのです。

 

歯科助手に資格は必要?

場合によっては治療の場所にも立ち会うことになる歯科助手ですが、実は資格など不要で誰でも歯科助手になることが可能です。

 

但し、これだけのスキルを求められる仕事ですので、民間資格で歯科助手に関する資格が用意されていて、その資格を持つものが実施するのが一般的な流れとなっています。

 

ただ、歯科助手に関する資格も多くの会社で準備されており、どれが最も良い資格なのかは一概に語ることが出来ません。

 

自分のスタイルに合った資格を見つけて、それを取得することが重要になります。