歯科助手 歯科衛生士

歯科助手と歯科衛生士の違い

資格の有無が大きな違い同じ歯科医院で働く歯科助手と歯科衛生士ですが、どこに違いがあるのでしょうか。

 

大きな違いとしては、資格の有無があります。歯科助手として働くには、資格を取得する必要はありません。民間資格はありますが、あったほうが就職時や仕事中に役立つといったものであって、必ずしも必要なものではないのです。

 

歯科衛生士として働くには、必ず資格を取得する必要があります。この資格は国家資格であり、厚生労働省が定めた学校を卒業して試験を受け、合格しなければなりません。

 

また、専門学校を卒業するには3年もの年月が必要であり、勉強する内容も多岐にわたります。臨床実習もあり、学生生活は充実しつつも大変忙しいもののようです。

 

仕事内容にも大きな違い

 

また、仕事内容にも大きな違いがあります。歯科助手は、患者さんの口の中を触ってはいけないと法律で決まっています。歯垢や歯石を取ったり歯の型を取ったりフッ素を塗ったりなどといったことは出来ません。

 

一方、歯科衛生士の場合は、患者さんの口の中を触るのが仕事になります。歯科衛生士の仕事は、大まかに分類すると予防処置、保健指導、診療補助の3つに分かれています。

 

予防処置とは、歯や歯肉の状態を点検し、虫歯にならないようにフッ素を塗ることを言います。保健指導とは、学校や保健所などで歯磨きの正しい方法を教えたり虫歯になりにくい生活習慣を伝えることを言います。

 

診療補助とは、歯科医師の治療がスムーズに進むように、ユニットの近くで補助することを言います。

 

歯科助手は、診療補助は出来ますが、予防処置や保健指導は出来ません。そうなると、部分的な仕事しかできない歯科助手は必要ないのではと考える人がいるかもしれません。

 

しかし、歯科助手がいなければどうなるでしょう。本来歯科助手がやるべき仕事である受付や片づけなどは歯科衛生士がせざるを得ないことになります。そのため、歯科衛生士本来の業務に集中できないといったことになってしまいます。

 

歯科衛生士のほうが業務内容が広いから偉いということはありません。どちらも同じ職場で働くスタッフ同士、お互い助け合う関係なのです。