歯科助手 資格 難易度

歯科助手の資格を取得する難易度はどれくらい?

難易度は資格によって異なる

 

歯科助手の資格は民間が認定しているものです。よって、たくさんの資格があります。難易度も様々で、30%以下といった難しいものから80%を超えるものまで様々です。

 

難易度が高いと有名なものは、診療報酬請求事務能力認定試験です。医療事務の人が目指す資格として有名ですが、歯科用もあるのです。毎年2回という回数の少なさに加え、合格率が30%を切るという超難関の資格です。

 

しかし、その分医療現場では認められている資格であり、この資格を持っているだけで手当が増えたり、就職がすぐに決まるといったこともあるようです。

 

通信教材でとれる資格は、難易度が低い傾向があります。歯科 医療事務管理士は、年6回も受験できるといったメリットがあります。また、合格率は60%〜80%を推移しているので、先ほどの診療報酬請求事務能力認定試験に比べると合格しやすいのが分かります。

 

この資格は、通信教材を利用していると自宅での受験が可能になるので、リラックスして受験できるという点でも難易度が下がります。

 

難易度を知るために資料をチェックしてみよう

 

歯科助手の資格をせっかく取るのですから、できれば簡単に取れる資格から目指したいものです。難しい資格は、就職して経験を積んでからでも遅くありません。

 

資格の難易度を知るには、その資格を運営している講座の資料を請求してみましょう。たいていのサイトには試験実績という項目があり、そこで過去問題の合格率を掲載しています。

 

歯科助手の資格の合格率を見比べてみると、資格によって差があるのがよく分かります。自分で取れそうな資格を探して、それにあった勉強法を選びましょう。

 

また、専門学校や通信講座の資料には、在籍者の合格率が載っています。自分が取りたい資格が決まっている場合には、どの方法を使えば合格できる可能性が高くなるかを調べてみるのも良いでしょう。万が一載っていない場合には、直接問い合わせをすると教えてもらえることもあります。

 

失敗しない!歯科助手講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

歯科助手講座1

シカトル

歯科助手講座2

 

詳しくはこちらをクリック

「シカトル」を利用して資料を請求しました♪

歯科助手講座3

 

詳しくはこちらをクリック