歯科助手資格 必要

歯科助手になるのに資格は必要?

そもそも、歯科助手になるのに資格は必要なのでしょうか?答えはノーです。資格がなくても働くことが出来るのが歯科助手なのです。学歴も職歴も必要なく、歯科助手として採用されたその時から、歯科助手になることが出来ます。

 

なお、同じ歯科医院で働く歯科医師や歯科衛生士は、それらを養成する学校で一定期間勉強し、試験を受けて合格しなければなりません。このようにして取った資格は国国家資格であり、専門的な知識と技量をもつ者として名乗り働くことが可能です。逆に、これらの資格を持たずに働くことは禁止されています。

 

歯科助手に関する資格はあるの?

 

それでは、歯科助手に関する資格はないのでしょうか?これもノーです。つまり、歯科助手に関する資格があるけれど、なくても仕事が出来るということになります。

 

これは、歯科助手の資格が歯科医師や歯科衛生師の資格とは全く異なるものであるということが原因です。歯科助手の資格は民間資格に分類され、民間の業者が歯科助手の専門的なスキルを持った者であると認めるレベルに達した人に対しておくる資格になります。

 

就職に必ずしも必要としないため、資格を取るのも取らないのも、本人次第だと言えます。とはいえ、歯科助手に関する専門知識はあるに越したことはありませんので、資格は取っておいた方が良いでしょう。

 

対して、歯科医師や歯科衛生士は国が一定のレベルに達していると認める国家資格に分類され、これらの仕事をするには資格を持たなければならないと決められています。就職には必ず必要であるため、資格を取るために長い年月をかけて勉強して実習を行い、国家試験の合格を目指します。

 

なお、歯科助手資格を認定する民間の業者には数多くのものがあります。そのため、歯科助手資格と一口に言っても様々な種類があるのです。認定する時のレベルも様々であるため、自分の力に合い、また世間に認められている資格を取得するのが良いでしょう。

 

失敗しない!歯科助手講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

歯科助手講座1

シカトル

歯科助手講座2

 

詳しくはこちらをクリック

「シカトル」を利用して資料を請求しました♪

歯科助手講座3

 

詳しくはこちらをクリック