歯科助手 適正

歯科助手の適正について

適性とは、「ある事に適している性質や能力。また、そのような素質・性格」といわれます。では、歯科助手の適性とは、どのようなものでしょうか?

 

もちろん、医師の指示に対し、的確に応える能力は必須です。器具や薬品を迅速に手渡すなど、医師が必要としていることをすばやく察知し、支障なく治療を進めるためのアシスタントに徹底することは大切です。

 

さらに、治療の前には器具の消毒、治療中には、石膏やセメントを練るといった細かな手仕事も少なくありません。就職当初からそこまで優秀な人は少ないでしょうけれど、そんな手腕も訓練を重ねることによって、徐々に身につくものといえます。

 

また、歯科助手の仕事には患者さんの介助もあります。子どもからお年寄りまで、痛みや不安感を持って来院する患者さんに、温かなホスピタリティをもって接することも要求されます。

 

苦しむ人に対するいたわりの気持があることが“適性”ともいえますが、これも、意思を持ってトレーニングすれば、十分に可能なことだと思います。

 

歯科医院の口コミについて

 

インターネットで病院などの検索をしてみると、「医師は無口だけど、歯科助手が親切に対応してくれたので、気持が落ち着いた」「クリニックに清潔感が感じられ、スタッフの応対もテキパキして気持がよい」などの口コミを読んだことがありますか?

 

医師やクリニックの口コミサイトが増えている現在では、患者さんは、口コミを参考に来院する人も少なくありません。どちらかといえば、医師は治療に集中したいもの。

 

歯科助手の適性としては、医師のアシスタントをしていればよい、という近視眼的な考えでなく、クリニックの中で、自分がどのようなことをすればよいのかを常に考える姿勢も望ましいと言えるでしょう。

 

院内の清掃やごみ捨て、花を買ってきて飾る、などは院内では必要な業務になります。ですから、クリニックの運営をスムーズにするために進んで実行できる、視野の広さと人間としてのしなやかさも、歯科助手の適性といえるのではないでしょうか。

 

失敗しない!歯科助手講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

歯科助手講座1

シカトル

歯科助手講座2

 

詳しくはこちらをクリック

「シカトル」を利用して資料を請求しました♪

歯科助手講座3

 

詳しくはこちらをクリック