歯科助手 仕事

歯科助手の仕事について

仕事は大きく分けて2つ

 

歯科助手は、歯科診療をスムーズに運ぶための、歯科医師の“手となり足となる”アシスタント的な存在です。仕事場は歯科医院をはじめ、大学病院の歯科や総合病院の口腔外科、審美歯科などになります。

 

仕事の内容は、大きく2つに分けられます。1つ目が、治療の際には、医師につき添い医師が治療に集中できるように、道具や器具を受け渡すなどの介添えを行うことです。

 

歯科で行われる治療の全過程をしっかりと把握し、治療の際に使われるさまざまな専門用語を理解し、ムダのない動きで医師をサポートしていくことが必須となります。

 

2つ目は、治療を受ける患者さんの介助です。治療箇所に当てるライトの調整、バキューム器具を患者さんの口の中に入れ、唾液を吸引するなどの介添えを行います。痛みを伴う治療の最中、必要に応じて、患者さんへの励ましを行うこともあります。

 

これらのほか、器具・器械類の洗浄・消毒・滅菌をはじめ、クラウンやブリッジなどの補綴物を装着する際に用いるセメントの練り和わせをはじめ、歯型をとるための印象材を混ぜてトレイに入れる、歯型の模型をつくるための石膏を混ぜ合わせて注入する…などの細かい手仕事もあります。

 

法律の規制について

 

歯科助手の場合、法律によって直接的な医療行為は許可されていません。例えば、患者さんの歯石を削ったり歯周ポケットの長さを計るなどの行為は、歯科衛生士の仕事ですから歯科助手は行うことができません。

 

小規模のクリニックでは、医師のアシスト以外には、受付や予約をとったり、治療代金の授受、レセプトを行ったり、院内の清掃やごみ捨てなどの雑用も含まれます。

 

雑用も様々で、院内に花を活けたり、待合室に貼り紙をしたり、電球の交換を行ったり、仕事が立て込んでいる時は他のスタッフのお弁当を買いに行くこともあるかもしれません…。

 

歯科助手は、歯科衛生士などのような職務上の専門性を持たない代わりに、縁の下の力持ち的な作業を一手に引き受けなくてはならない場合も少なくないのです。

 

 

失敗しない!歯科助手講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

歯科助手講座1

シカトル

歯科助手講座2

 

詳しくはこちらをクリック

「シカトル」を利用して資料を請求しました♪

歯科助手講座3

 

詳しくはこちらをクリック