歯科助手 ニーズ

歯科助手のニーズはどれくらいある?

平成24年3月末の厚生労働省の調査によると、病院数22施設が減少したのに対し、歯科では3施設が増加しています。このことは、歯科への需要を裏付けるものといえるのではないでしょうか。

 

同省の統計によると、歯科への通院率は、さまざまな疾患の中でも高い値を示しています。成人では、9割が虫歯に罹ったことがあり、歯科へ支払われる医療費はがん治療の金額とほぼ同額にも上る言われています。

 

人口が減り、高齢化社会への進行が進む今、40歳以上の人の4割が虫歯が原因で抜歯を経験し、7割が虫歯や歯周病の自覚症状を持っているそうです。

 

今後歯科が減少することはない、と思われる一方で、患者獲得競争は激しくなることが予想されます。となると、重要なのはクリ二ックの評判ですが、これは必ずし、医師の腕前だけにかかっているとは言えません。

 

清潔感やスタッフの有能さはもちろんのこと、不安や緊張をやわらげてくれるような温かい雰囲気など、目に見えないものもクリニックのイメージづくりの貢献要素となっています。

 

クリニックのイメージ作りも大切な仕事

 

治療の現場では、歯科医師への的確なアシストを行い、患者さんへのホスピタリティあふれる応対をしてくれる歯科助手の存在によってもクリニックのイメージは、ずいぶんと変わってくると思います。

 

有能な上に明るくて感じのよい歯科助手がいる、ただそれだけで、ごく自然にクリニックの評判は良くなると思います。

 

例えば、インターネット上のクリニックの口コミサイトなどで「医師は無口だけど、アシスタントが励ましてくれたので楽になった。」「院内は清潔で、スタッフも親切。」などがプラス面として挙げられています。

 

反対に、仕事は出来るけど、笑顔がなく物言いや態度にいたわりの感じられない歯科助手がいたとしたら…。ただでさえ、歯科の治療には不安と緊張が伴うのに、クリニックへ足を運ぶのが嫌になってしまうかもしれません。

 

歯科助手は、クリニックのイメージの大切な構成要素になります。そのニーズは今後増えることはあっても、減ることはないと思われます。

 

失敗しない!歯科助手講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

歯科助手講座1

シカトル

歯科助手講座2

 

詳しくはこちらをクリック

「シカトル」を利用して資料を請求しました♪

歯科助手講座3

 

詳しくはこちらをクリック