歯科助手 現状

歯科助手の現状について

歯科助手には、歯科衛生士のような国家資格がありません。けれども、歯科に勤務することによって実地で仕事の熟練を身につけていけば、たとえそのクリニックを退職することになってもすぐに新しい勤め口がみつかるのではないでしょうか。

 

もちろん、歯科助手としての医師へのサポートのテクニックだけでなく、患者さんにとってもホスピタリティを感じさせるスタッフであったか、歯科衛生士らスタッフともうまく連携をとって仕事ができたか…そんな人間性の部分も大切ではあります。

 

新たに仕事を探す場合、都市部にお住まいの方なら自宅から半径1キロ以内に、いくつものクリニックが点在していることに気づくでしょう。歯科は、まるで美容室のように町のあちこちに点在しているのです。

 

時として、近所を歩いているだけで「歯科助手急募」などと、玄関ドアに張り紙をしているクリニックが見つかることもあります。また、ネットの求人情報でも、歯科助手を募集を見つけることは難しくありません。

 

要項を見ると、たいてい「助手兼受付」「歯科助手(学生さん歓迎)」となっています。中には、「未経験者歓迎」というクリニックも見つかります。歯科衛生士と並んで募集をかけているところが多いようです。

 

働き方としては、フルタイマー(正社員)からパート・アルバイトまでさまざまです。給与を見ると、フルタイマーの場合、歯科衛生士は国家資格とあって月額で5万円ほどの給与格差が開いています。

 

せめて、月に20万の給与は欲しい、と望む場合、東京の新宿区や港区など都心に立地する審美歯科などを探してみると良いでしょう。

 

そのようなクリニックは規模も比較的大きく、「社会保険完備・厚生年金完備」というところが多く、受付業務を「コンシェルジェ」と呼ばれる専門の担当者に一任するなどしていますから、歯科助手は医師のアシスタント業務に徹することが可能になります。

 

失敗しない!歯科助手講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

歯科助手講座1

シカトル

歯科助手講座2

 

詳しくはこちらをクリック

「シカトル」を利用して資料を請求しました♪

歯科助手講座3

 

詳しくはこちらをクリック