歯科 医療事務管理士(R)技能認定試験 合格率

「歯科 医療事務管理士(R)技能認定試験」の合格率

合格率はおよそ7〜8割

 

「歯科 医療事務管理士(R)技能認定試験」の合格率は、運営母体である技能認定振興協会のサイトで明示されています。ここでは過去1年間の試験実績が紹介されており、過去6回分の受験者数と合格率を見ることが出来ます。

 

提示してある資料を見ると、受験者数は1回の試験で1000人に足りないくらいです。合格率は各回によって異なりますが、だいたい7〜8割で推移しています。資料から計算をしてみると、年間2000人ほどが資格を取得して世の中に出ていることが分かります。

 

これは、他の歯科助手資格と比べると高い合格率になります。この理由の1つとして、ユーキャンの資格講座を修了した人限定で特別な待遇があることが影響しているでしょう。在宅受験が認められているので、リラックスした環境で試験を受けられるからです。

 

合格の基準も設けられている

 

この資格を取るためには試験を受けて合格する必要がありますが、それには基準が設けられています。基準の点数が取れていればよいという絶対評価で、合格が判定されます。

 

実技試験は各問題ごとに50%以上の得点を取り、なおかつ3問の合計で70%以上 の得点を取ることです。これを言い換えると、1問でも50%以下の点数を取ってしまったら、他の2問が満点であっても不合格になるということです。

 

学科試験は70点以上を取ることです。これはすなわち、10問中7問正解すればよいということになります。そして、実技試験・学科試験ともに合格ラインに達していて初めて、資格試験に合格していると認められます。

 

合格率が7〜8割と聞くと、5人に1人は落ちてしまうのかと考えてしまいがちです。しかし、逆を考えると5人に4人は受かっているということです。きちんとテキストを読み込み、診療報酬明細の作り方の勉強をしていれば、ほとんどの人が合格することが出来る資格です。

 

ユーキャンの通信講座を使って、まずは試験合格目指して頑張りましょう。

 

失敗しない!歯科助手講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

歯科助手講座1

シカトル

歯科助手講座2

 

詳しくはこちらをクリック

「シカトル」を利用して資料を請求しました♪

歯科助手講座3

 

詳しくはこちらをクリック