歯科助手 資格 取得期間

歯科助手の資格の取得期間

資格の取り方によって異なる取得期間

 

歯科助手の資格の取り方には3つあるということは、先ほどご紹介しました。専門学校へ通って資格を取得する方法、通信教材を使って資格を取得する方法、独学で学んで資格を取得する方法の3つです。しかし、取得までにかかる時間には大きな違いがあります。

 

専門学校へ通って資格を取得する方法を選ぶと、取得期間は1年または2年となります。幅があるのは、専門学校によって1年コースと2年コースがあるからです。2年コースを設置している専門学校はまれで、ほとんどが1年コースになっています。

 

通信教材を使って資格を取得する方法を選ぶと、取得期間は4ヶ月から5ヶ月となります。これも専門学校と同様に、通信教材によって終了するのに必要な期間が変わってきます。忙しくてなかなか勉強が進まないという場合でも、受講開始後1年以内であれば受講延長が可能になっているところがほとんどです。

 

独学で学んで資格を取得する方法を選ぶと、取得期間は本人次第になります。実務経験がある上で資格を取りたいという経験者であれば数ヶ月で取得することが可能でしょうが、全くの初心者であれば取得期間は未知数です。

 

参考書の選び方から始まって、勉強の方法や分からないことへの克服などに多くの時間を費やすことになってしまいます。そのため、専門学校や通信教育といったプロの教えを受けておいたほうが、期間が短くて済んだということになるようです。

 

最短期間で資格が取得できるのは通信教材

 

短い期間で歯科助手の資格を取得したい人には、通信教材を使うのが良いでしょう。専門学校に通う時と比べて、半分以下の期間で資格を取れるというのは大きな魅力です。

 

また、通信教材の一部には、スピードコースというものがあり、標準学習期間よりも短期間での受講が可能になっている場合もあります。このような制度を使えば、より早く資格を取得することが可能です。詳しくは、通信教材の会社までお問い合わせください。

 

失敗しない!歯科助手講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

歯科助手講座1

シカトル

歯科助手講座2

 

詳しくはこちらをクリック

「シカトル」を利用して資料を請求しました♪

歯科助手講座3

 

詳しくはこちらをクリック