歯科助手 役割

歯科助手の役割

歯科医院の顔としての役割

 

歯科助手の仕事の1つに、受付業務があります。患者さんが歯科医院に入ってきた時に初めて会うのが受付です。そのため、歯科助手の印象がそのまま歯科医院の印象へとつながります。

 

また、治療を終えて最後に会うのもまた受付です。ことわざに「終わりよければすべてよし」という言葉があるように、最後の印象も大事です。だから、歯科助手の仕事は歯科医院の顔だと言われる所以です。

 

不機嫌な顔や聞き取りにくい口調、馴れ馴れしい話し方など、受付としてふさわしくない態度をとると、歯科医院そのものの印象が悪くなってしまいます。

 

患者さんに笑顔で対応し、受付から治療、会計までをスムーズにこなすことが出来たなら、患者さんはきっと満足してくれるでしょう。

 

縁の下の力持ちとしての役割

 

歯科助手には、様々な人や物をサポートするという仕事もあります。歯科医の傍らで次に使う器具の準備をしたり、バキュームで唾液を吸ったりという仕事があります。

 

これは、歯科医の治療をスムーズに進めるためのサポートです。使った器具を洗浄後に消毒や滅菌を行い、次に備えておくという仕事があります。

 

診療で使う消耗品や医薬品を注文したり商品を受け取るという仕事もあります。これらは、歯科治療を行う上で必要なものを揃えるというサポートです。

 

開院前の清掃や受付にある雑誌類の買い出しなど、細々とした仕事もあります。これは、患者さんに気持ちよく医院内で過ごしてもらうためのサポートです。

 

中には、母親が治療を受ける時に、子供の面倒を見ていて欲しいとお願いされるかもしれません。これは、患者さんが安心して治療を受けるサポートです。

 

これらのサポートは、患者さんの目が届かないところで行っていることが多いです。だから、歯科助手の仕事は縁の下の力持ちと言われる所以です。

 

先ほどの歯科医院の顔としての仕事とは正反対です。しかし、これらはどれも大事な仕事であり、歯科助手がいないと歯科医院そのものが成り立たなくなってしまうと言っても過言ではないほどです。

 

失敗しない!歯科助手講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

歯科助手講座1

シカトル

歯科助手講座2

 

詳しくはこちらをクリック

「シカトル」を利用して資料を請求しました♪

歯科助手講座3

 

詳しくはこちらをクリック