歯科助手 資格 独学

歯科助手の資格を独学で取得する際の注意点

独学のコツはやる気を持続させること

 

独学で歯科助手の資格を目指す人が落ちやすい落とし穴は、やる気をなくしてしまうことです。しかも、その落とし穴がいくつもあるので、最後まで継続できる人はほとんどいないと言っても過言ではありません。

 

落とし穴の1つめが、専門用語が難しくて挫折してしまうことです。歯科用語は普段の生活で使わないものばかりですので、一から覚えなければなりません。数もたくさんありますので、いくら覚えても覚えきれないと挫折してしまう人がいます。

 

落とし穴の2つめが、質問をする環境がないことです。分からないことがあっても自分で調べるには限界があります。先生や友人、他人に教えてもらえばスッと理解することが出来ますが、自分で調べて解決するとなると時間がかかってしまいます。これが何度も続いてしまうと、やる気をなくしてしまうきっかけになってしまいます。

 

落とし穴の3つめが、気が緩んでしまうことです。一緒に勉強する仲間がいないため、ふとした気の緩みでそのまま勉強をやめてしまったりすることがあります。また、自分が勉強しなくても迷惑をかける人も無駄にするお金もないんだからと考えてしまうので、安易に勉強をやめる選択をしてしまいます。

 

独学よりも通信教材を使うほうがベスト

 

それでは、通信教材を使うと、落とし穴に落ちずに済むでしょうか。専門用語は、通信教材のテキストで分かりやすく解説されています。必要な用語はテキストにまとめられていますので、どれだけ勉強すればいいのかも視覚で理解することが出来ます。

 

質問はメールやファックス、郵送などで受け付けてくれることが多いです。分からないことをすぐに解決できるので、自分の知識が増えることを実感できます。

 

気の緩みは、添削課題を投函することで防ぐことが出来ます。自分の解答を見てもらうことで、やる気につながります。また、多少なりともお金がかかっていますので、もったいないと思って勉強を続けようという気にもなります。

 

よって、通信教材を使うと、独学でのデメリットがすべて解消できるのです。

 

失敗しない!歯科助手講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

歯科助手講座1

シカトル

歯科助手講座2

 

詳しくはこちらをクリック

「シカトル」を利用して資料を請求しました♪

歯科助手講座3

 

詳しくはこちらをクリック