歯科助手

最短で歯科助手になるには?

リスクが高い、資格なしでの就職

 

歯科助手になりたいと方向性が決まったら、それを実現するためにはどのような手段があるかを考えてみましょう。歯科助手になるためには、専門学校で資格を取って就職、通信教材で資格を取って就職、資格なしでの就職の3つの手段があります。

 

この中で、最短で歯科助手になれるのは、資格なしでの就職でしょう。歯科助手として採用してもらえれば、それだけで歯科助手になることが出来ます。しかし、これはかなり運が良い場合に限ります。

 

歯科助手は人気がある仕事ですから、求人情報が出た歯科医院には希望者が殺到します。その中から、未経験でかつ資格もない、すなわち歯科に関する知識もない人を採用してくれることはまれでしょう。

 

こうやって不採用を繰り返していると、歯科助手になれずに日にちだけが過ぎていくということも考えられます。最短どころか、永遠に歯科助手になれる日は来ないかもしれません。

 

以上のように、資格なしで歯科助手を目指すのは、かなりリスクが高いことなのです。

 

歯科助手への近道は通信教材の利用

 

そこで、歯科助手になりたいという人には、まずは資格の取得をおすすめします。歯科助手の資格を取るためには専門学校と通信教材の2種類があります。

 

早く歯科助手になるためには、どちらを選べばよいのでしょうか。結論から先に言うと、最短で歯科助手になるためには通信教材を使うのが良いでしょう。

 

専門学校を利用すると、卒業までに1〜2年という長い期間が必要です。また、入学は4月にしか受け入れていないというのも特徴です。

 

もし5月に歯科助手を志した場合には、入学までに約1年、その後歯科助手になるための勉強に1〜2年という、さらに長い年月をかける必要があります。

 

通信教材の場合は、平均5ヶ月で資格を取得することが出来ます。また、教材の開始日は生徒の都合に合わせられるので、1年中いつであっても勉強を開始することが出来るのです。

 

歯科助手になりたいと思い立った時にすぐ始められて資格取得までの期間も短い、通信教材がおすすめです。

 

失敗しない!歯科助手講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

歯科助手講座1

シカトル

歯科助手講座2

 

詳しくはこちらをクリック

「シカトル」を利用して資料を請求しました♪

歯科助手講座3

 

詳しくはこちらをクリック