歯科助手 豆知識

歯科助手の豆知識エントリー一覧

歯科助手の給料はどれくらい?

歯科助手の1カ月の基本は、平均して16〜18万円前後です。覚えることがたくさんあって、クリニックの状況など、あちこちに目配りが必要な仕事とはいえ、一般の事務職などと比較してもそれほど多いという訳ではありません。医師のアシスタントとしてはもちろん、熟練が必要な仕事です。必ずしも資格が必要ではない職種と...

続きを読む

歯科助手に求められる能力

歯科助手に求められることは、医師がこれから患者に対して行おうとしていることをいち早く察知し、その指示のもとで的確な対応をとるなど“仕事ができる”ことはもちろんになります。けれども、今や、病院もサービス業の一つとなってきました。最近になって、患者さんが“さま”付けで呼ばれるようになってきたように、医師...

続きを読む

歯科助手の仕事・受付業務

これからの歯科医院の受付に求められるのは、患者さんに対し、幅広くコンサルジュ的な存在になることだと思われます。常に患者さんの目線に立ち、相手を思いやる気持ちを忘れず、痒い所に手が届くような細やかな気配りが求められます。細やかな気配り・目配りをさりげなくできる歯科助手こそがプロフェッショナルです。歯科...

続きを読む

口腔ケアの問題点について

現在、様々な場所で「口腔ケア」が行われていますが、歯科医師・歯科衛生士が担ってゆくべき「専門的な口腔ケア」について、ここでは簡単に触れていきたいと思います。近年の研究によって、口腔細菌と全身疾患との関連性や、咀嚼機能と老化・認知症との関連性など、口腔環境が全身の健康と密接に関連していることが明らかに...

続きを読む

歯科医療に対する社会の要求

日本における高齢者の割合は増加し、2015年には4人に1人が、2035年には3人に1人が65歳以上の高齢者になることが予測されています。この社会構造の変化に、歯科医院も対応していかなければなりません。高齢者の多くは身体の機能が衰退し、不可逆な変化を伴う退行性病変を持つようになっています。退行性病変は...

続きを読む

幼児期の虫歯予防について

歯のエナメル質は、幼児期の、生えてきたばかりの時はまだ不完全な組織です。例えるならば、建築途中の家のようなものであり、壁材の塗りこみが不足した状態と同様です。家は、壁塗りの作業を怠ると、雨や風に弱くなりますが、歯もこれと一緒です。エナメル質が完全に出来上がるの必要な期間は、乳歯で1年半〜2年、永久歯...

続きを読む

口腔ケアの概要とポイント

口腔ケアの概要口腔ケアという言葉をご存知ですか。最近になって一般的に使用されるようになった言葉ですが、昔はほとんど知られていませんでした。10年以上も前、口腔ケアは口腔清掃や口腔清拭などの言葉と一緒に使用されていました。しかし、これらの言葉を理解している人はとても少なく、歯科助手などの間でも、様々な...

続きを読む

乳歯は全部で何本?

乳歯は全部で20本あります。乳中切歯から乳犬歯までが前歯、残り2本が奥歯の形になっている5種類の歯で構成されています。一般には生後8ヶ月頃に、下の乳中切歯から生えてくることが多く、そのあと上の乳中切歯、そして前から奥へと順番に2〜3年かけて生え揃います。しかしながら、これはあくまで目安になります。幼...

続きを読む

歯と口腔の健康について

しっかりと噛んで食事をすることは、普段あまり意識をしていませんが、生きることの基本になります。私達の体は、栄養が無ければ生命を維持することはできません。ガソリンがないと車が動かないのと同様、食事をすることによってエネルギーを補充しなければ、体は機能しなくなり餓死してしまうでしょう。毎日の美味しい食事...

続きを読む

歯が与える影響

歯科助手として働いているのだから、虫歯も歯周病も無いんでしょう?とよく言われます。私達にも虫歯や歯周病はあり、抜けた歯は入れ歯で補っています。歯科医師・歯科衛生士・歯科助手…も皆さんと同様、歯では苦労しているのです。また、かつて受けた歯の治療が原因で頑固な首や肩のコリ、背中の痛みなどの体調不良も経験...

続きを読む

歯の重要性について

両手の親指と人差し指で三角形を作り、顔にかざしてみると、口と鼻がすっぽりと覆うことができます。生きていくうえで不可欠な食物・水・空気は、この小さな三角形部分から取り込まれます。言い方を変えれば、目や耳が機能を失っても生きていくことは可能ですが、人間をはじめとする生物はこの三角形部分がしっかりと機能し...

続きを読む

ダメな虫歯の治療方法

虫歯の治療というと、どのようなやり方が頭に浮かびますか?黒く変色した歯の部分をガリガリと削って、削った部分に詰め物をするのが虫歯の治療でしょうか。また、削ると痛い場合には歯茎に麻酔の注射を打って、変色した部分が見えなくなるまで綺麗に歯を削ることでしょうか。これは発案者であるG・Vブラックの名を取って...

続きを読む

インプラント治療の誤解について

インプラント治療は、たくさんの患者さんのQOL(生活の質)の向上に役立っており、その有用性は世界的にも認められています。インプラントは、歯科医療における「20世紀最大の発明」とまで呼ばれています。しかし、一方では、多くのマスメディアがインプラントの医療事故に関する報道を行っているのも事実。多くの患者...

続きを読む

1本の歯を失うことの影響について

ここでは、インプラント治療とは何か?という話を詳しくしていきたいと思います。インプラント治療はどういう目的で行われるのか、義歯(入れ歯)やブリッジとはどう違うのか、メリットとデメリットは何か、どんな仕組みなのか、順に説明をしていきます。インプラント治療とは、歯がなくなった所に、その歯の代わりに人口の...

続きを読む

歯を失うことで顔の形まで変化する?

歯が無くなると顔の形にも変化生じてしまうことをご存知でしょうか。通常、歯がきちんと噛み合っていると鼻から下の高さが維持されます。下顎骨はどこの骨とも結合していませんから、筋肉によってぶら下がっている状態になります。従って下顎の位置は歯の噛み合わせだけで決定されているのです。しかし、徐々に歯を失ってい...

続きを読む

歯科医師のレベルの違いについて

虫歯になれば歯を削りましょう、と言い、削る歯が無くなれば、抜きましょう、と言う歯医者は本当に歯医者と呼ばるのでしょうか。例えば、皆さんが骨折で病院に運ばれた場面を想像してみて下さい。医者がろくに診察もせずに、人口骨を入れましょう、と言ってきたら、これはヤブ医者だとは思いませんか。しかしながら、それが...

続きを読む

「歯の移植」という治療方法

最近、巷で人気のインプラント治療ですが、インプラント治療を大きく宣伝している歯科診療所は腕にバラつきが多いと言われています。インプラントは保険の効かない自由診療になりますので、言い方を変えると歯科医が儲けようと思えばいくらでも儲けられる治療とも言えます。コンビニよりも数が多いと言われている歯科業界の...

続きを読む

歯科助手として働く意義

私達は「食べる」という行為によって、生きていくためのエネルギーを体内に取り入れています。食べるという行為は人生の楽しみの1つであり、重要なコミュニケーションツールでもあります。口は、食べ物が体内に入っていく時の入り口であり、歯は咀嚼という大切な役割を担っています。また、口腔の健康は、全身の健康と深い...

続きを読む