歯科 医療事務管理士(R)技能認定 試験科目

「歯科 医療事務管理士(R)技能認定試験」の試験科目

試験は実技試験と学科試験の2種類

 

「歯科 医療事務管理士(R)技能認定試験」は大きく分けると実技試験と学科試験に分けられます。合格するためには、両方を受験する必要があります。

 

実技試験は、診療報酬明細書の作成・点検を行います。全部で3問出題され、そのうちの1問は点検のみになります。外来用の診療報酬明細を、資料を見ながら自分で作る必要があります。試験時間は3時間です。

 

学科試験はマークシート方式です。複数の選択肢から1つ正しい回答を選ぶ問題が、全部で10問出されます。試験時間は1時間です。学科試験の出題範囲は、あらかじめ決められています。

 

法規、医学一般、保険請求業務の3つです。法規とは現場で必要な法律のことを指し、医療保険制度や後期高齢者医療制度、公費負担医療制度などについての知識が必要です。医学一般とは基本的な医学の知識であり、各臓器の組織や構造、生理機能や傷病の種類などについての知識が必要です。

 

保険請求業務とは保険者や患者に対して医療費を請求するために計算することを指します。診療報酬点数の算定方法や診療報酬明細書の作成、医療用語等についての知識が必要です。

 

資料の持ち込みが認められている

 

一般的に試験を受けると言って想像するのは、机の上には筆記用具だけという状態です。しかし、「歯科 医療事務管理士(R)技能認定試験」の場合には、資料の持ち込みが認められています。

 

現場で仕事をするときには保険に関する資料などを見ながら作成するため、試験でも仕事と同じ状態が認められています。普段使っているテキストや電卓などを使って受験できるので、暗記をする必要がありません。

 

ただし、いくらテキストがあるからと言って油断してはいけません。実技試験である診療報酬明細は、患者個人によって計算の仕方がそれぞれ異なります。
よって、テキストの丸写しでは対応できません。

 

やはりテキストを読みこんでしっかりと理解し、自分の知識としておくことが必要なのです。

 

失敗しない!歯科助手講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

歯科助手講座1

シカトル

歯科助手講座2

 

詳しくはこちらをクリック

「シカトル」を利用して資料を請求しました♪

歯科助手講座3

 

詳しくはこちらをクリック