歯科助手 傾向

歯科助手の資格取得者の傾向

女性の資格取得者が圧倒的に多い

 

歯科助手になるのに、性別による区別はありません。男性でも女性でもなることが出来ます。しかし、現場で働いている歯科助手は、女性が圧倒的に多いです。
ということは、男性よりも女性のほうが資格取得者が多いということが想像できます。実際、歯科助手を養成し、資格取得を目指す専門学校の多くは、女性のみの入学になっています。

 

女性が多いということは、仕事内容に関連しているのかもしれません。歯科医は男性のことが多いですので、治療を受けるユニットの両端に男性が2人立たれると圧迫感があります。また、患者の緊張をほぐしたりするのは、一般的に女性のほうが得意な分野であると言えるでしょう。

 

資格取得方法は通信教材が多い

 

それでは、歯科助手の資格はどのように取る人が多いのでしょうか。

 

まずは独学で資格を取得する人です。このような人は、ほんの一握りだと考えられます。歯科専門用語やレセプトについて、自分1人の力でやりきることはとても難しいからです。

 

次に専門学校で資格を取得する人です。このような人は、高校を卒業後専門学校で勉強をするという人が多いです。また、全国でみると、歯科助手資格を取れる専門学校は数が少ないのが実情です。

 

専門学校を卒業する人の多くが目指す資格の1つに、診療報酬請求事務能力認定試験というものがあります。この試験を受験する人は、毎年200〜300人前後で推移しています。よって、専門学校で資格を取得する人はそのくらいだろうと予想できます。

 

最後に通信教材で資格を取得する人です。このような人は、通学の時間が取れなかったり資格取得を安くあげたいという人が多いです。通信教材を受講する人が目指す資格の1つに、歯科 医療事務管理士があります。

 

これは通信教材大手であるユーキャンを受講した人が受験できる資格です。この試験を受験する人は、毎年3000人ほどです。通信教材はユーキャンだけではありませんので、実際に通信教材で勉強している人は、もっと多いだろうと予想できます。

 

失敗しない!歯科助手講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

歯科助手講座1

シカトル

歯科助手講座2

 

詳しくはこちらをクリック

「シカトル」を利用して資料を請求しました♪

歯科助手講座3

 

詳しくはこちらをクリック