歯科助手 通信講座

歯科助手の通信講座の上手な利用法

通信講座で勉強するのに黙読だけではダメ

 

歯科助手の通信講座のテキストは、とてもよくまとめられています。内容は分かりやすく図や写真で示してあるものも多いですし、専門用語もきちんと解説されています。中にはDVDで映像を見て勉強する教科もあるようです。

 

しかし、このテキストを目で読むだけではあまり勉強になりません。声に出して読んでみたり、手を使ってノートにまとめてみたりしましょう。五感をフルに使うことで、知識が整理されて自分のものとなっていきます。

 

歯科助手の資格試験は、資料の持ち込みを許可しているところが多いので、用語を暗記する必要はありません。歯科に関する法律や保険計算のやり方など、きちんと内容を理解していないと解けない問題になっています。

 

黙読だけでは内容を深く理解するのはなかなか難しいのです。

 

通信講座で勉強する人は限られた時間を使って勉強する人が多いです。よって、このような工夫をして短時間で効率よく勉強する必要があります。

 

質問ツールを活用しよう

 

通信講座にはあって独学にはないものの1つに、質問制度があります。テキストに関する疑問点や質問などを、メールやファックス、郵送などで受け付けてもらえるのです。

 

疑問点がある時に、そのまま放置しているとどんどんつまづいてしまいます。また、自分で回答を探していると、探し方がおかしかったりどんどん脱線したりして、時間がかかってしまいます。

 

せっかく探し出した回答も、本当に正解なのか分からないといったこともあります。そういった点で、素早く正確な回答をもらえる通信講座は重宝するのです。

 

質問をするためには、自分がどこが分からないのかを知っておく必要があります。これには、分かるところはどの部分なのか自分で把握しておくといった意味合いもあります。

 

質問の回答が返ってきたら、もう一度テキストを見ながら復習することが大切です。復習することによって、自分の知識として身につけることが可能です。

 

失敗しない!歯科助手講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

歯科助手講座1

シカトル

歯科助手講座2

 

詳しくはこちらをクリック

「シカトル」を利用して資料を請求しました♪

歯科助手講座3

 

詳しくはこちらをクリック