歯科助手 資格 種類

歯科助手の資格の種類について

歯科助手の資格はたくさんある

 

歯科助手の資格は民間資格と呼ばれます。民間団体や企業が独自の審査基準で認定する資格になります。歯科助手の資格を認定する民間団体はいくつかあります。それぞれの団体が独自の基準で資格を認定しているので、一言で歯科助手の資格と言っても内容は様々です。

 

また、難易度も資格によって異なります。指定のテキストをきちんと受講していればとれる資格や、試験を受けて合格しなければならない資格、実技試験が必要な資格まであります。

 

合格率も資格によって異なり、30%という低いものもあれば70%という高いものもあります。試験回数もそれぞれの資格で異なるので、毎月受験できる資格よりは年2回しか受験できない資格のほうが難易度が高いと言えるでしょう。

 

また、通信教材によって取れる資格が変わってくることは、あまりよく知られていません。例えば、ユーキャンの歯科助手講座を受講すると、歯科医療事務管理士(R)の受験資格が得られます。

 

他の歯科助手の資格を取りたいと思ったら、別の通信講座を追加で受講したり独学で学びなおさなければならないということになってしまうのです。

 

歯科助手に関する資格一覧

 

歯科助手に関する資格は主に3つに分かれます。歯科助手全般を網羅する内容の資格、保険や受付に特化した内容の資格、治療補助に特化した内容の資格です。

 

歯科助手に関する資格を大まかに分類しましたので、資格取得の参考にしてみてください。

 

歯科助手全般を網羅した資格

・歯科医療事務管理士(R)⇒(株)技能認定振興協会が運営
・歯科助手技能認定⇒日本医療教育財団が認定
・歯科助手専門秘書検定資格⇒日本能力開発推進協会が認定

 

保険や受付に特化した内容の資格

・診療報酬請求事務能力認定試験⇒日本医療保険事務協会が認定
・歯科医療事務検定⇒全国医療技能検定協議会が行う検定

 

治療補助に特化した内容の資格

・歯科助手認定⇒日本歯科医師会が認定
・歯科助手検定⇒日本歯科助手検定協会認定の検定試験
・歯科アシスタント検定⇒全国医療技能検定協議会が認定

 

失敗しない!歯科助手講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

歯科助手講座1

シカトル

歯科助手講座2

 

詳しくはこちらをクリック

「シカトル」を利用して資料を請求しました♪

歯科助手講座3

 

詳しくはこちらをクリック