歯科助手 仕事

歯科助手の仕事内容

歯科医院の顔としての役割

 

歯科助手の仕事の1つは、受付業務です。来院される患者さんのカルテの準備や保険証チェックがあります。もちろん、笑顔での応対は欠かせません。

 

治療後には、カルテを見て治療費の計算をします。パソコンにデータを打ち込むだけですが、それでも専門の知識を必要とします。
また、患者さんの会計や次回の予約受付も行います。

 

会計は、現金の取り扱いになりますので間違えないように気をつけないといけません。予約の受付は、空いているところに入れたら良いのではなく、同時刻に治療を受ける患者さんとの兼ね合いも考えなければなりません。歯科医院によっては薬は院内処方としているところもあり、その場合には薬も処方しなければなりません。

 

月末には、市町村や健康保険組合などといった保険者へ治療費を請求するためのリストをまとめます。計算を間違えると差し戻しとなり、もう一度やり直さなければならないので注意します。

 

電話応対も受付業務の1つと言えるでしょう。顔が見えない分行き違いが起こりやすいので、丁寧な接遇が求められます。

 

歯科医師のサポート

 

治療に入る前に、治療に必要な器具や薬剤の準備をしておきます。その時の治療内容によって、準備物は異なります。患者さんを座席に案内するのも歯科助手の仕事です。

 

歯科医師の治療中には、ライトを当てたりバキュームで患者さんの唾液を吸ったりと、サポートに徹します。待機中の患者さんと何気ない会話をすることで、治療の不安を和らげるといった精神的サポートもします。

 

治療が終わったら、器具をすべて洗浄・消毒します。口の中には常在菌がたくさんいますので、きちんと消毒できていなければ不衛生なだけではなく院内感染が起こる原因にもなります。

 

ひいては歯科医院の評判につながりかねませんので、確実に行う必要があります。その他にも、掃除や買い出し、医薬品の注文や受け取りなど、細々とした雑務があります。仕事内容は多岐にわたりますが、その分やりがいがある仕事です。

 

失敗しない!歯科助手講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

歯科助手講座1

シカトル

歯科助手講座2

 

詳しくはこちらをクリック

「シカトル」を利用して資料を請求しました♪

歯科助手講座3

 

詳しくはこちらをクリック