歯科助手 年収

歯科助手の年収はどれくらい?

歯科助手は、医師や歯科衛生士のような国家資格ではありませんし、歯科技工士のような特殊技能があるわけでもありません。ここでは、フルタイマーの歯科助手と歯科衛生士の年間収入を比較していきたいと思います。

 

30代の歯科衛生士の平均年収が350万円前後に対し、歯科助手では、同じ30代でも平均年収は300万円ほどとなっています。20代では、252万円、40代では、306万円。

 

これは、全国の平均値になります。東京首都圏では、年収は40万円ほどアップすると思われます。統計が出ているのは40代まで。たしかに、歯科に治療へ行くと、医師の介添えをしている歯科助手と思しき女性は、若い人が圧倒的に多いように思われます。

 

女性が親元を離れて独立するためには、歯科助手の給与ではちょっと不足な感じもしますが、あくまでこの数字は、フルタイム勤務ではない場合も含まれていますから、フルタイムの場合はもう少し給料も上がると思われます。

 

パートの時給について

 

歯科助手のパートの場合は、時給は900円前後に設定されていることが多いようです。なお、収入とは別に注意すべき点としては、健康保険や厚生年金について。歯科クリニックは少人数の場合が多いため、常勤の人数が5人以上でない場合、社会保険の適用はありません。

 

スタッフは、国民健康保険と国民年金に加入するかたちとなります。歯科助手になる前は会社員で、健康保険と厚生年金、住民税が天引きされていたとしたら、よく確認しておく事をおすすめします。

 

みずから国民健康保険と国民年金への加入手続きをすることはもちろんですが、クリニックのお給料から、これらの負担をしなくてはなりません。

 

また、住民税なども、会社員だった頃は「特別徴収」として天引きされていたものが、退職した翌春になって請求が来ますから、これもお給料の中から支払わなくてはならないでしょう。歯科助手に就いた際の税金は、あらたに次の年から、「普通徴収」というかたちで納めるかたちになりますので、お給料の中からこれらをプールしておくことも忘れてはいけません。

 

失敗しない!歯科助手講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

歯科助手講座1

シカトル

歯科助手講座2

 

詳しくはこちらをクリック

「シカトル」を利用して資料を請求しました♪

歯科助手講座3

 

詳しくはこちらをクリック